コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東下り アズマクダリ

デジタル大辞泉の解説

あずま‐くだり〔あづま‐〕【東下り】

京都から東国へ行くこと。中世・近世には、もっぱら鎌倉・江戸へ行くことをさす。海道下り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

東下り【あずまくだり】

伊勢物語》9段から13段までの主人公(在原業平)の武蔵国への旅と14・15段,場合によって115・116段の陸奥での話を含む諸段をいう。八橋でのかきつばたの和歌宇津峠での修行者との出会いなど,後の文学作品や芸術意匠に大きな影響を与えた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あずまくだり【東下り】

昔、京都から東国へ行くこと。特に中世では、鎌倉へ行くこと。海道下り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東下り
あずまくだり

京都から東国方面へ下向(げこう)すること。海道下りともいう。「東国」の具体的範囲は時代によって異なり、広くは近江(おうみ)国の逢坂(おうさか)山より東の国々から、陸奥(みちのく)までをさす場合もあり、明確に規定しがたいが、その中心は現在の関東地方である。ただし、鎌倉時代以降は「東(あずま)」の意味に変化が生じ、幕府の所在地をいうようになり、京都から鎌倉、江戸への下向を、もっぱら東下りといった。[佐藤裕子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の東下りの言及

【在原業平】より

…業平の家にいた女に藤原敏行が通ってきたことなどである。《古今集》の編者が長文の詞書を何によって記したかについては諸説があるが,近年の研究では,東下りや高貴な女性との密通事件も事実ではないとされ,業平の事跡の物語化は,《古今集》にも顕著に見られると考えられるようになった。他方,《古今集》と同じころ,900年前後に成立したとみられる《伊勢物語》には業平の歌を核にした数々の物語が収められているが,《古今集》と《伊勢物語》によって,業平は漂泊の旅にも出た無用者的な〈すき者〉,失意の皇子と慰め合う名門出の貴公子として描き出されることになった。…

※「東下り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

東下りの関連キーワード東獅子(吾妻獅子)三枡大五郎(4代)北峰 一之進東家 菊燕水野 好美十六夜日記貴種流離譚塵塚誹諧集鈴木里沙江原由夏隅田川物服部 伸奥浄瑠璃雨夜の月吾妻獅子牧野省三松山玖也服部伸隅田川新原武

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東下りの関連情報