コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東九州自動車道

3件 の用語解説(東九州自動車道の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

東九州自動車道

北九州市から大分、宮崎、鹿児島を結ぶ436キロの高速道。重なっている大分自動車道(速見―大分米良)と九州自動車道加治木―鹿児島)を含めると全長は498キロ。椎田南―豊前間の開通で351キロ(重なっている区間を除く)が開通した。残るは清武南―鹿屋串良間で、清武南―日南間、志布志―鹿屋串良間は整備が進む。日南―油津間と夏井―志布志間は4月に事業化が決まり、今後、着工に向けた地質調査や測量が行われる

(2016-04-25 朝日新聞 朝刊 大分全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東九州自動車道【ひがしきゅうしゅうじどうしゃどう】

福岡県北九州市から,大分県大分市宮崎県宮崎市などを経て鹿児島県霧島市へ至る高速自動車国道で,計画総延長約327km(重複区間や,自動車専用道路区間を除く)。北九州JCTで九州自動車道と,日出JCT・大分米良ICで大分自動車道と,清武JCTで宮崎自動車道とそれぞれ接続し,九州東岸を南北に貫く重要な役割を果たしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東九州自動車道
ひがしきゅうしゅうじどうしゃどう

北九州市を起点として、九州の東側、大分、宮崎、鹿児島の各県を結び、鹿児島市に至る延長約436キロメートル高速道路。沿線には、多くの重要港湾や空港および北九州市、大分市、宮崎県延岡(のべおか)市などに代表される生産拠点都市が位置しており、これら海・空の交通拠点や生産活動の場などを有機的に結ぶ。東九州の産業・経済の発展に重要な役割を果たすほか、九州縦貫自動車道、九州横断自動車道とともに広域的なネットワークを形成し、九州の一体的浮揚への寄与が期待されている。2012年(平成24)3月時点で、約139キロメートルが開通している(管理は西日本高速道路)。大分県佐伯(さいき)市―延岡市間、宮崎県宮崎市清武(きよたけ)地区―同日南(にちなん)市間、鹿児島県志布志(しぶし)市―同曽於(そお)市間延べ122キロメートルについては、国土交通大臣が整備主体となる新直轄方式で建設されている。[下保 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東九州自動車道の関連キーワード青梅街道関越自動車道北九州市九州横断自動車道日豊本線北九州市立大学小倉市を成す九州自動車道東九州自動車道の無料区間

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東九州自動車道の関連情報