コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東山公園 ひがしやまこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東山公園
ひがしやまこうえん

愛知県名古屋市の東部丘陵地に広がる総合公園。千種区東部にあり,一部が天白名東区にかかる。面積 5.89km2 (うち平和公園は 0.15km2) 。 1935年開園。約 400種の動物を収容した動物園,3000種以上の植物を展示する植物園のほか,昆虫館,郷土園,各種遊園地,モノレール,ボート池などの施設がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひがしやま‐こうえん〔‐コウヱン〕【東山公園】

名古屋市千種(ちくさ)区南東部の丘陵にある、動植物園をもつ市営総合公園。昭和10年(1935)開園。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

東山公園【ひがしやまこうえん】

名古屋市千種(ちくさ)区にある自然公園。1935年開園。面積約84.2万m2。東山丘陵の自然を生かし,動物園(1937年開園),植物園,図書館などがある。
→関連項目千種[区]名古屋[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

東山公園

愛知県名古屋市千種区にある公園。日本の都市公園100選に選ばれている。1937年開園。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東山公園
ひがしやまこうえん

愛知県名古屋市東部、東山丘陵上にある市営総合公園。面積84.22ヘクタール。開園は1935年(昭和10)。1937年には植物園、動物園も開園し、その後、1万歩コース、遊具なども整備された。年間入場者は200余万人を超え、熱田(あつた)神宮、名古屋城とともに市内三大観光地の一つ。[伊藤郷平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

東山公園の関連キーワード北海道白糠郡白糠町石炭崎愛知県名古屋市千種区日本土人形資料館山形県新庄市金沢愛知県名古屋市猿投山古窯跡群佐世保(市)東山動植物園千種[区]名古屋城のっぴー

東山公園の関連情報