コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東新潟ガス田 ひがしにいがたガスでん

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしにいがたガスでん【東新潟ガス田】

新潟市の東,阿賀野川河口の東側およびその沖合に位置するガス田。構造性ガス田として1959年に発見されたが,それまではこの辺り一帯は水溶性ガス田として開発されていた。このガス田を形成している地質構造は,阿賀野川河口やや東に頂部をもつゆるいドーム状構造である。産ガス範囲は東西・南北とも約3kmあり,深度は約1170~3400mの間にある。沖合に分布するガス層はすべて陸上からの傾斜井によりガスが採取されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東新潟ガス田
ひがしにいがたがすでん

新潟市の中心から東方約10キロメートルの阿賀野(あがの)川河口に位置している。石油資源開発(JAPEX=ジャペックス)が日本瓦斯(ガス)化学工業(現三菱瓦斯化学)との共同鉱業権により1959年(昭和34)に、地震探鉱(エアガン)にて発見した。第三紀鮮新世初期の西山層1450メートルと、第三紀中新世晩期の椎谷(しいや)層上部2900メートルとで開発されている。1996年(平成8)末現在では日産51万立方メートルのガスと230キロリットルのコンデンセート(凝結油)を産出し、同年末までの累計生産量はガス60億立方メートル、コンデンセート211万キロリットルである。1998年の生産量はガス1億9000万立方メートル、コンデンセート7万4000キロリットル。含油層は多くのガス田にみられるような背斜構造ではなく、ドーム状の極隆構造であることが特徴である。賦存面積が広く、複数の重なった含油層によって構成されている。このガス田の発見は、地盤沈下を引き起こし社会問題となり、採取規制が強化されてきた従来の水溶性ガスから、地下深部にあって油水が分離している構造性ガスへと採掘対象が本格的に移行する契機となった。また、ガス田と化学工場との隣接立地による一貫操業体制の開始などガス生産構造を大きく変容させたことで知られる。[高津斌彰]
『天然ガス鉱業会編・刊『日本の石油と天然ガス』(1998)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

東新潟ガス田の関連キーワード天然ガス鉱業

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android