コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東津野[村] ひがしつの

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしつの【東津野[村]】

高知県中西部,高岡郡の村。人口2924(1995)。四万十(しまんと)川の源流域に位置し,北の愛媛県との境をなす山地は四国カルスト地帯で,北東の仁淀村,西の檮原(ゆすはら)町にかけての天狗高原一帯は石灰岩の露出がとくに顕著である。北東部の不入(いらず)山(1336m)に源を発する船戸川,北川が南流する。村内には船戸遺跡,北川遺跡などの縄文遺跡が点在。中世には,津野荘一帯に勢力を有した津野氏領の最奥の地で,当村から檮原町にかけては津野山郷と呼ばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

東津野[村]の関連キーワード野口五郎岳鷲羽岳フェリーあまみイフジ産業川湯相撲記念館木の葉化石園黒部川中部山岳国立公園野口五郎岳三条市の要覧

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android