東海林さだお(読み)ショウジサダオ

  • しょうじさだお〔シヤウジさだを〕
  • 東海林さだお しょうじ-さだお

百科事典マイペディアの解説

漫画家。本名庄司禎雄。東京生れ。早大露文科中退。早大漫画研究会に属し,在学中より学習雑誌に作品を発表。下積み生活をへて,1967年ナンセンスを交えてサラリーマンの悲哀を描いた《新漫画文学全集》《ショージ君》で人気を得る。その後も新聞・週刊誌を中心に活躍。他の作品に《タンマ君》《サラリーマン専科》《アサッテ君》などがある。独特の視点と軽妙な文体による食物エッセーでも知られる。2000年紫綬褒章受章。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1937- 昭和後期-平成時代の漫画家。
昭和12年10月30日生まれ。42年「漫画TIMES」に「新漫画文学全集」,「漫画サンデー」に「ショージ君」の連載をはじめ,サラリーマンのペーソスをえがいて人気を博す。「毎日新聞」の「アサッテ君」などの長期連載のほか,「丸かじり」シリーズなど食べ物の軽妙なエッセイでも知られる。平成9年菊池寛賞。東京出身。早大中退。本名は庄司禎雄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android