コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東漢直 やまとのあやのあたえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東漢直
やまとのあやのあたえ

大和国高市郡(たけちのこおり)を本拠とする古代の渡来人系の。倭漢直とも書く。応神天皇のとき来朝した阿知使主の子孫という。5世紀半頃から文筆,工芸などに携わる渡来人を管轄する伴造となって強大化し,蘇我氏勢力の重要な担い手となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東漢直
やまとのあやのあたい

古代の有力な渡来系の豪族。倭漢直とも書く。応神(おうじん)朝に渡来した後漢(ごかん)の霊帝(れいてい)の曽孫(そうそん)阿知使主(あちのおみ)の後裔(こうえい)と伝えられる。高句麗(こうくり)に滅ぼされた楽浪(らくろう)郡の遺民らしい。大和(やまと)国高市(たけち)郡檜前(ひのくま)村(奈良県高市(たかいち)郡明日香(あすか)村)に居住したので、倭漢氏とよばれた。高市郡は漢氏の子孫などに占められ、男女の人民は皆才芸があったといわれる。雄略(ゆうりゃく)天皇16年に漢部(あやべ)を集めて、その伴造(とものみやつこ)になり直(あたい)の姓(かばね)を賜った。朝廷の文筆、財務、外交などに従事し、その後新来の手工業技術者を管理して有力豪族に成長した。6世紀に書(ふみ)、坂上、民、長(なが)、大蔵その他多くの枝氏に分かれ、蘇我(そが)氏と結んで活躍。天武(てんむ)朝の改姓で連(むらじ)、のちに忌寸(いみき)の姓を賜った。[志田諄一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東漢直の関連キーワード倭漢氏・東漢氏蘇我河上娘崇峻天皇推古天皇蘇我馬子大伴室屋都加使主漢氏蘇我陶部

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android