コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東漢直 やまとのあやのあたえ

3件 の用語解説(東漢直の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東漢直
やまとのあやのあたえ

倭漢直とも書く。大和国高市郡を本拠とする古代の帰化人系氏族。応神天皇のとき来朝した阿知使主 (あちのおみ) の子孫という。5世紀半頃から文筆,工芸などにたずさわる帰化人を管轄する伴造 (とものみやつこ) となって強大化し,蘇我氏勢力の重要なにない手となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やまとのあやのあたい【東漢直】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東漢直
やまとのあやのあたい

古代の有力な渡来系の豪族。倭漢直とも書く。応神(おうじん)朝に渡来した後漢(ごかん)の霊帝(れいてい)の曽孫(そうそん)阿知使主(あちのおみ)の後裔(こうえい)と伝えられる。高句麗(こうくり)に滅ぼされた楽浪(らくろう)郡の遺民らしい。大和(やまと)国高市(たけち)郡檜前(ひのくま)村(奈良県高市(たかいち)郡明日香(あすか)村)に居住したので、倭漢氏とよばれた。高市郡は漢氏の子孫などに占められ、男女の人民は皆才芸があったといわれる。雄略(ゆうりゃく)天皇16年に漢部(あやべ)を集めて、その伴造(とものみやつこ)になり直(あたい)の姓(かばね)を賜った。朝廷の文筆、財務、外交などに従事し、その後新来の手工業技術者を管理して有力豪族に成長した。6世紀に書(ふみ)、坂上、民、長(なが)、大蔵その他多くの枝氏に分かれ、蘇我(そが)氏と結んで活躍。天武(てんむ)朝の改姓で連(むらじ)、のちに忌寸(いみき)の姓を賜った。[志田諄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東漢直の関連キーワード蘇我西文氏本拠地奈良県高市郡高取町越智奈良県高市郡奈良県高市郡明日香村真弓奈良県高市郡高取町森越智家栄檜隈民使博徳俣野氏

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone