コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東盟 とうめいTongmaeng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東盟
とうめい
Tongmaeng

東明とも書く。朝鮮,高句麗で毎年 10月に行われた祭天儀式。『三国志』魏志高句麗伝には「王都の東方に隧穴と名づける大穴があって,10月に国中大会を開き隧穴神を迎えて王都の東の水辺に祭り,木隧を神座に奉る」とある。隧穴神とは朱蒙 (→東明王 ) の母のことで,民族的な信仰の対象であった。木隧の意味は不明。この儀式は扶余族の迎鼓,濊族の舞天韓族の農耕祭と類似しており,高麗朝にまで継承され,八関会の行事と習合して行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうめい【東盟】

朝鮮,高句麗の部族的祭典の名称。東明とも記す。《三国志》魏志東夷伝の高句麗の条に〈十月を以て天を祭る。国中大会,名を東盟と曰う〉とあり,収穫時の祭天の儀礼を東盟とよんだらしい。夫余の迎鼓,東濊(とうわい)の舞天なども同じく収穫後に歌舞飲食を楽しんだものという。また別に高句麗の伝説上の始祖の東明王を東明とよぶ場合もある。すなわち河伯の女が日光に感じて生んだ朱蒙のことである。《三国志》魏志夫余伝の終末に引用されている東明伝承も同系であろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

東盟の関連キーワード朝鮮音楽朝鮮演劇朝鮮文学

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android