コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東脊振[村] ひがしせふり

1件 の用語解説(東脊振[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしせふり【東脊振[村]】

佐賀県北東部,神埼郡の村。人口6053(1995)。北は脊振山地を境に福岡県に接する。山麓から舌状にのびた丘陵地には弥生時代遺跡や古墳,奈良時代の廃寺跡などがある。米作を主体とするが,野菜,ミカンの栽培,畜産なども行われ,イチゴの産も多い。南東部には工業団地が造成されている。九州横断自動車道東脊振インターチェンジがある。村域北部の千石山(528m)南麓の坂本にあった霊仙(りようせん)寺付近は,1191年(建久2)宋から帰った栄西が日本最初の茶樹栽培をした地とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東脊振[村]の関連キーワード姉川神埼佐賀吉野ヶ里遺跡宇陀尾花沢東海那須吉野ヶ里徳川権七

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone