コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイパス bypass

翻訳|bypass

デジタル大辞泉の解説

バイパス(bypass)

[名](スル)
交通量の多い市街地の道路の混雑を避け、車を迂回(うかい)させるために設ける道路。
血管に閉塞(へいそく)部が生じたとき、手術によって人工血管や本人の静脈を用いて作る側副路。「バイパス手術」
障害物や問題などを回避すること。「安定器バイパス工事」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

バイパス【by‐pass】

一般には導管や水路などの迂回路の意味であるが,市街地やその他の交通障害地域を避けて造られる道路を指す場合が多い。日本に限らず街道などの幹線道路は,古くから市街地の中心を通過していたが,自動車交通の増加に伴い,そこが交通上の隘路(あいろ)となってきた。市街地の道路から通過交通を取り除き,通過交通のために市街地を避けて新たに道路を造ることは,市街地の環境や交通安全のために望ましいだけでなく,幹線道路自体にとっても,円滑な交通を確保する上で効果的な対策である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

バイパス【bypass】

交通の渋滞を緩和するため、混雑した市街地を迂回して設けられた道路。迂回道路。
主要な管から分かれ、再び主管に戻る側管。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

バイパスの関連キーワード軽井沢町スキーツアーバス転落事故可児ッテ「CANITTE」低侵襲冠動脈バイパス術ターボファン・エンジンウエストゲーティングターボファンエンジンダクテッドファン肥満の外科療法筆柿の里・幸田こばんざめ佐藤オフポンプ手術中央新幹線計画第二神明道路にしお岡ノ山バイパス移植フロート充電久御山[町]バイパス手術エレドータス日吉津[村]

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バイパスの関連情報