コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三田川 みたがわ

2件 の用語解説(三田川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三田川
みたがわ

佐賀県東部,吉野ヶ里町南部の旧町域。佐賀平野の東部にある。 1965年町制。 2006年東脊振村と合体して吉野ヶ里町となる。米作,イチゴミカン栽培が行なわれ,国道 34号線沿いに衣料,電子機器,土木建築材料の工場が立地している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三田川
みたがわ

佐賀県東部、神埼(かんざき)郡にあった旧町名(三田川町(ちょう))。現在は吉野ヶ里(よしのがり)町の南半分を占める地域。旧三田川町は、1965年(昭和40)町制施行。2006年(平成18)東脊振(せふり)村と合併して、吉野ヶ里町となった。全地域ほぼ平坦(へいたん)で、北部に脊振山地南麓(ろく)の洪積層丘陵が舌状に顔を出す。南に条里制遺構や環濠(かんごう)集落などが分布する沖積低地が延び、水田地帯の圃場(ほじょう)整備が進む。筑後(ちくご)川に注ぐ田手(たで)川が西端を南流する。北部では、旧長崎街道、国道34号、JR長崎本線、さらに国道385号(三田川バイパス)が通じ、工業や住宅地の開発が目だつ。旧陸軍飛行場跡地一帯には、陸上自衛隊九州地区補給処目達原(めたばる)駐屯地や立野(たての)工業団地などが立地する。上峰(かみみね)町との境界にまたがる二塚山(ふたつかやま)丘陵一帯に、佐賀東部中核工業団地が造成され、企業誘致が進む。目達原古墳群をはじめ、二塚山遺跡、国指定特別史跡の吉野ヶ里(よしのがり)遺跡などが北部に分布。東妙寺(とうみょうじ)には国指定重要文化財の仏像2体、梵網経(ぼんもうきょう)1巻がある。1993年にはJR「三田川駅」が「吉野ヶ里公園駅」に改称された。[川崎 茂]
『『三田川町史』(1980・三田川町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三田川の関連情報