コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東野圭吾 ヒガシノケイゴ

2件 の用語解説(東野圭吾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひがしの‐けいご【東野圭吾】

[1958~ ]小説家。大阪の生まれ。エンジニアの経験を生かして、理科系の専門知識を駆使した異色のミステリーを次々に発表し、若年層を中心に多くの読者を得る。その後、社会派小説やスポーツものも執筆。「容疑者Xの献身」で直木賞受賞。他に「放課後」「秘密」「白夜行」など。映像化された作品も数多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東野圭吾 ひがしの-けいご

1958- 昭和後期-平成時代の推理作家。
昭和33年2月4日生まれ。日本電装につとめる。昭和60年「放課後」で江戸川乱歩賞をうけ,翌年退職して執筆生活にはいる。「学生街の殺人」「浪花少年探偵団」など,青春ミステリーがおおい。平成11年「秘密」で日本推理作家協会賞。18年「容疑者Xの献身」が6度目の直木賞候補となり同賞を受賞。21年日本推理作家協会理事長。24年「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で中央公論文芸賞。25年「夢幻花」で柴田錬三郎賞。26年「祈りの幕が下りる時」で吉川英治文学賞。大阪府出身。大阪府立大卒。著作はほかに「私が彼を殺した」「流星の絆」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

東野圭吾の関連キーワード佐野洋大沢在昌土屋隆夫伴野朗夏樹静子和久峻三石井敏弘日下圭介斎藤栄山村正夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東野圭吾の関連情報