コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東龍太郎 あずまりょうたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東龍太郎
あずまりょうたろう

[生]1893.1.16. 大阪
[没]1983.5.26. 東京
医学博士,政治家。 1917年東京大学医学部卒業。 1934年同大教授。 1946年教授兼任で厚生省医務局長を務め,医療制度の改革を進めた。 1947年から 1958年まで日本体育協会会長,また 1950年から 1968年まで国際オリンピック委員会 IOC委員を務めた。その間 1959年に東京都知事に当選,2期8年間の在任中の 1964年,東京オリンピック競技大会招致・開催を実現した。終身 IOC名誉委員。 1975年オリンピック・オーダー銀章受章。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

東龍太郎の関連キーワード1月16日鈴木俊一医療制度政治家

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android