松井元泰(読み)まつい げんたい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松井元泰 まつい-げんたい

1689-1743 江戸時代中期の製墨家。
元禄(げんろく)2年9月9日生まれ。代々の製墨業の古梅園つぎ,正徳(しょうとく)3年和泉掾(いずみのじょう)の官位をうけた。長崎にゆき清(しん)(中国)の製墨法を研究し,「略墨譚」「古梅園墨譜」の著をのこす。寛保(かんぽう)3年3月16日死去。55歳。大和(奈良県)出身。字(あざな)は貞文。通称は五郎助。号は玄々斎,長江

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松井元泰

没年:寛保3.3.16(1743.4.10)
生年元禄2.9.9(1689.10.21)
江戸中期の墨工。奈良の製墨業「古梅園」の6代目。名は貞文。号は玄々斎。父は元規,母は妙珠。正徳3(1713)年,製墨の発展に努力したことにより和泉掾の官位を賜った。清の文人との親交によって,清の製墨法を学び,旧来の製墨法を一新させた。著書に『古梅園墨譜』『古梅園墨談』がある。

(河合仁)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

松井元泰 (まついげんたい)

生年月日:1689年9月9日
江戸時代中期の墨工
1743年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android