コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松井元泰 まつい げんたい

2件 の用語解説(松井元泰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松井元泰 まつい-げんたい

1689-1743 江戸時代中期の製墨家。
元禄(げんろく)2年9月9日生まれ。代々の製墨業の古梅園をつぎ,正徳(しょうとく)3年和泉掾(いずみのじょう)の官位をうけた。長崎にゆき清(しん)(中国)の製墨法を研究し,「略墨譚」「古梅園墨譜」の著をのこす。寛保(かんぽう)3年3月16日死去。55歳。大和(奈良県)出身。字(あざな)は貞文。通称は五郎助。号は玄々斎,長江。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松井元泰

没年:寛保3.3.16(1743.4.10)
生年:元禄2.9.9(1689.10.21)
江戸中期の墨工。奈良の製墨業「古梅園」の6代目。名は貞文。号は玄々斎。父は元規,母は妙珠。正徳3(1713)年,製墨の発展に努力したことにより和泉掾の官位を賜った。清の文人との親交によって,清の製墨法を学び,旧来の製墨法を一新させた。著書に『古梅園墨譜』『古梅園墨談』がある。

(河合仁)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松井元泰の関連キーワード狩野伯清樗雲貞佐(1)道与羽賀林真馬場董水平林東岳堀尾調和松井宗瑞帒一

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone