コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松原市 まつばら

2件 の用語解説(松原市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松原〔市〕
まつばら

大阪府中南部,大和川左岸の市。 1955年松原,天美 (あまみ) の2町と三宅,恵我 (えが) ,布忍 (ぬのせ) の3村が合体して市制。市域は狭山古扇状地の末端部を占め,中心市街地の松原は,長尾街道竹ノ内街道,中高野街道交差点に位置。ため池が多く,米作のほか野菜中心の近郊農業が盛んであった。 1923年,近畿日本鉄道南大阪線が通じてから宅地化が進み,現在は大阪市の住宅衛星都市。衣服,敷物,金網,真珠核,印材 (水牛,象牙) の家内工業的工場が多い。大塚山古墳,柴籬 (しばがき) 神社など史跡に富む。市域北東の松原ジャンクションにより近畿自動車道から西名阪自動車道,阪和自動車道を分岐。中央部を国道 309号線が縦貫する。面積 16.66km2。人口 12万750(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

松原市の関連キーワード中小企業中南米映画鳩山一郎内閣鰐淵晴子スズライト SSトヨペットクラウンRS型ヤマハ 125 YA-1型必死の逃亡者春闘田川(市)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松原市の関連情報