松原市(読み)まつばら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松原〔市〕
まつばら

大阪府中南部,大和川左岸の市。 1955年松原,天美 (あまみ) の2町と三宅,恵我 (えが) ,布忍 (ぬのせ) の3村が合体して市制。市域は狭山古扇状地の末端部を占め,中心市街地の松原は,長尾街道,竹ノ内街道,中高野街道の交差点に位置。ため池が多く,米作のほか野菜中心の近郊農業が盛んであった。 1923年,近畿日本鉄道南大阪線が通じてから宅地化が進み,現在は大阪市の住宅衛星都市。衣服,敷物,金網,真珠核,印材 (水牛,象牙) の家内工業的工場が多い。大塚山古墳,柴籬 (しばがき) 神社など史跡に富む。市域北東の松原ジャンクションにより近畿自動車道から西名阪自動車道,阪和自動車道を分岐。中央部を国道 309号線が縦貫する。面積 16.66km2。人口 12万750(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松原市の関連情報