コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤又兵衛 ごとうまたべえ

7件 の用語解説(後藤又兵衛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後藤又兵衛
ごとうまたべえ

「後藤基次 (ごとうもとつぐ)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごとう‐またべえ〔‐またベヱ〕【後藤又兵衛】

[?~1615]安土桃山・江戸初期の武将。播磨(はりま)の人。名は基次。黒田孝高長政に仕え、豊臣秀吉の九州出兵、文禄の役慶長の役関ヶ原の戦いに功をあげたが、のち、長政に疎んぜられて黒田家を退去。諸国流浪ののち豊臣秀頼に招かれて大坂城に入り、大坂夏の陣で戦死。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

後藤又兵衛【ごとうまたべえ】

後藤基次

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤又兵衛 ごとう-またべえ

1560-1615 織豊-江戸時代前期の武将。
永禄(えいろく)3年生まれ。後藤基国の子。黒田孝高(よしたか)・長政につかえる。豊臣秀吉の九州攻めや朝鮮出兵,また関ケ原の戦いで活躍したが,のち長政と不和になり各地を流浪。慶長19年豊臣秀頼(ひでより)にまねかれて大坂城にはいり,大坂夏の陣で20年5月6日戦死した。56歳。名は基次。
【格言など】此節に臨みて心替り到さんことは,武士の本意にあらず(徳川家康からのさそいに対する返事)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

後藤又兵衛

没年:元和1.5.6(1615.6.2)
生年:永禄3(1560)
戦国末・江戸前期の武将。名は基次,通称は隠岐守。播磨国の在地領主別所氏の家臣後藤新左衛門の子。黒田孝高,長政父子に仕え,文禄1(1592)年の豊臣秀吉の朝鮮出兵や慶長5(1600)年の関ケ原の戦に際しては長政に従って出陣。関ケ原の戦の行賞で長政が筑前に移封されるや,基次も1万6000石の知行を給されたが,のち長政と不和となり謀反の嫌疑をかけられ牢人となる。19年の大坂冬の陣では豊臣秀頼に招かれて大坂城に入り,籠城軍の大将として活躍したが,翌年夏の陣に河内道明寺で戦死した。<参考文献>綿谷雪『武蔵・又兵衛

(笠谷和比古)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごとうまたべえ【後藤又兵衛】

1560~1615) 安土桃山時代の武将。名は基次。黒田孝高・長政父子に仕え、九州・朝鮮出兵などに軍功があり、のち長政と合わず浪人。大坂夏の陣には豊臣方に属して道明寺に戦死した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後藤又兵衛
ごとうまたべえ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の後藤又兵衛の言及

【後藤基次】より

…【加藤 真理子】
[伝承と作品化]
 徳川治政下では,幕府成立事情に関する出版・上演などは禁じられていたが,《難波(なにわ)戦記》《大坂軍記》(大坂軍記物)などの実録本や講釈などで,非公然に享受されていた。後藤又兵衛の大坂城入りやその奮戦ぶりは,私利に動かぬ豪快な行為として江戸期庶民の目に映じ,さまざまに尾ひれがついて快男子又兵衛像にふくらんだ。朝鮮の役でトラ退治のおり,いわゆる〈日本号の槍〉を代償に母里(もり)太兵衛の命を救った話や,黒田家から奉公構いを受けた際の言動などは,多く講釈による虚構と見られる。…

※「後藤又兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後藤又兵衛の関連情報