松岡修造(2)(読み)まつおか しゅうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松岡修造(2) まつおか-しゅうぞう

1967- 昭和後期-平成時代のテニス選手。
昭和42年11月6日生まれ。松岡功の次男。福岡の柳川高を中退し,アメリカにテニス留学。昭和61年プロ転向。翌年からデビスカップ代表。強力サーブを武器に,平成4年韓国オープンで日本男子初のツアー優勝。ソウル,バルセロナ両五輪に出場。7年ウィンブルドンでベスト8。世界ランキング最高位は46位。10年引退。スポーツキャスターとして活躍。東京出身。パーマーアカデミー高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android