コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠明 まつだいら ただあきら

4件 の用語解説(松平忠明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠明 まつだいら-ただあきら

1583-1644 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
天正(てんしょう)11年生まれ。奥平信昌(のぶまさ)の4男。母は徳川家康の長女亀姫。天正16年家康の養子となる。慶長7年三河作手(つくで)城主,15年伊勢(いせ)亀山城主。大坂冬の陣後,大坂城総堀埋めを指揮。夏の陣後は大坂城をまかされ同地の復旧にあたる。のち大和郡山(こおりやま)藩をへて,寛永16年播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩主松平(奥平)家初代。18万石。茶を小堀遠州にまなぶ。寛永21年3月25日死去。62歳。初名は清匡(きよただ)。

松平忠明 まつだいら-ただあき

1765-1805 江戸時代後期の武士。
明和2年生まれ。豊後(ぶんご)岡藩主中川久貞(ひささだ)の次男。旗本松平忠常(ただつね)の養子となり,本丸書院番頭。寛政11年蝦夷地(えぞち)取締御用掛筆頭として,幕府直轄地となった東蝦夷地にむかい,アイヌの保護,道路の開削,樺太(からふと)(サハリン)東西海岸の探査などを指揮した。享和2年駿府城代。文化2年3月8日(2月14日,3月4日,5月19日とも)駿府で自害。41歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松平忠明

没年:正保1.3.23(1644.4.29)
生年:天正11(1583)
江戸前期の伊勢亀山,摂津大坂,大和郡山,播磨姫路藩主。徳川氏の部将奥平信昌の4男として三河設楽郡新城(愛知県新城市)に生まれる。母は家康の長女亀姫。外祖父家康の養子となり松平姓を名乗る。慶長5(1600)年関ケ原に出陣,7年三河作手1万7000石,15年亀山5万石。大坂冬夏両陣で活躍。元和1(1615)年夏陣直後に大坂に入封10万石,大坂に新たに築城して大坂の町を復興,整備し,のちの「天下の台所」の基盤をつくる。5年郡山に移封12万石,寛永9(1632)年大御所秀忠が死去し,家光が幕政の実権を掌握する過程で,彦根藩主井伊直孝と共に譜代大名を統括する一方,譜代大名を代表して老中と同様に幕政にも参画,家光政権の確立を助けた。鎖国の完成で対外関係が緊張した寛永16年姫路18万石に移され,外国の敵襲があれば西国の諸大名の総指揮に当たるよう命じられ,長崎に家臣を派遣。領内の開発にも尽くした。武勇に優れ武備の充実を図り,近世前期の譜代大名の重鎮として幕政の確立を助けた。<参考文献>『大阪府史』3巻,山本博文『幕藩制の成立と近世の国制』

(根岸茂夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まつだいらただあき【松平忠明】

1583‐1644(天正11‐正保1)
江戸初期の大名。大坂藩主。下総守,従四位下,侍従に任じた。奥平信昌の四男で,母は徳川家康の娘亀姫。初名清匡,通称は鶴松丸。家康の養子になり松平氏を称し,のち徳川秀忠から忠明の諱(いみな)を与えられた。1615年(元和1)大坂夏の陣後,伊勢亀山5万石から摂津・河内10万石に移され,大坂藩を立藩。大坂城を守り大坂市街の復興,整備に努めた。19年大和郡山12万石へ移封された。【藤本 篤】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の松平忠明の言及

【大阪[市]】より

…秀吉の死後も大坂は一定の経済的地位をもっていたが,1615年(元和1)豊臣氏滅亡により転機がおとずれる。 徳川幕府は松平忠明を城主として復興に当たらせるが,19年彼を郡山に移し,幕府直轄地として再建にのりだす。大坂城は西日本諸大名に命じ,20年から38年(寛永15)まで大工事をおこなった。…

【河内国】より

…関ヶ原の戦(1600)によって豊臣秀頼は一大名に転落し,領地も摂津・河内・和泉3国内で65万石余と縮小されたが,1598年の3国の石高合計は73万9000石余で,秀頼の領地はほぼ9割近くに及んでいた。1615年(元和1)の大坂夏の陣で豊臣家が滅びると,大坂には松平忠明が配置され,忠明の領地の半分5万石は河内の榎並庄,若江郡,八上郡の中に与えられた。河内の残り全域は小堀政一(遠州),北見五郎左衛門などの幕府国奉行が管轄した。…

【島之内】より

…その後15年(元和1)に道頓堀川,25年(寛永2)に長堀川が開削されて,四周を運河によって囲まれ,あたかも島のようになったため,島之内の地名が生じたとされている。もっとも,大坂夏の陣が終わった当時は戦災によって荒廃し,《大坂三郷町中御取立承伝記》によれば,〈今の島之内は荒野にて,八幡も小宮,三津寺も小庵の由〉という状態であったが,1615年大坂城主となった松平忠明は,戦災の復興と市街地の整理に着手し,津村,三津寺,上難波などに散在していた墓地を千日に統合。19年南組惣年寄安井九兵衛は,島之内一円450間四方の市街地化を図り,4年後さらに川八町(宗右衛門町,御前町,布袋町,九郎右衛門町,久右衛門町,吉左衛門町,立慶町,湊町)を開発し,遊所および芝居興行を許可された。…

【摂津国】より

… 大坂冬・夏の陣(1614,15)で家康は豊臣氏を滅ぼし,摂津の所領配置の上でも豊臣氏にとって代わった。大坂落城の直後,外孫松平忠明を大坂城に入れ(10万石),大坂の戦災復興,新しい町づくりにとりかからせた。ついで内藤信正を高槻に入れ(4万石),翌16年(元和2)には忠明の婿稲葉紀通を中島に封じた(4万5700石)。…

【当代記】より

…10巻。徳川家康の外孫で姫路城主松平忠明の著といわれるが不詳。成立年代は不明。…

※「松平忠明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松平忠明の関連キーワード黄檗蒲庵柏咲河辺松笑大和郡山市郡山城伊勢島節岡本文弥亀山の仇討ち大和郡山歳長(陸奥守系・初代)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松平忠明の関連情報