コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松方三郎 マツカタサブロウ

デジタル大辞泉の解説

まつかた‐さぶろう〔‐サブラウ〕【松方三郎】

[1899~1973]登山家。東京の生まれ。正義の一三男。日本山岳会会長・日本山岳協会会長を歴任。昭和45年(1970)隊長として日本人によるエベレスト初登頂を成功させた。著「アルプス記」「遠き近き」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

松方三郎【まつかたさぶろう】

登山家,ジャーナリスト。本名義三郎。松方正義の13男。東京出身,京都帝国大学経済学部卒。学習院中等科在学中頃より登山をはじめ,1925年のヨーロッパ留学後はスイス・アルプスに親しんだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松方三郎 まつかた-さぶろう

1899-1973 大正-昭和時代の登山家,ジャーナリスト。
明治32年8月1日生まれ。松方正義(まさよし)の13男。同盟通信社などの記者をへて,昭和24年共同通信社専務理事となる。日本山岳会会長,日本山岳協会会長。45年日本山岳会のエベレスト登山隊長をつとめる。ボーイスカウト日本連盟総長。昭和48年9月15日死去。74歳。東京出身。京都帝大卒。本名は義三郎。著作に「アルプス記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まつかたさぶろう【松方三郎】

1899‐1973(明治32‐昭和48)
登山家,ジャーナリスト。東京出身。松方正義の十三男で本名義三郎。学習院の中等科,高等科を経て京都帝国大学卒業。ジャーナリストとしては,新聞聯合社,同盟通信社,満州国通信社勤務を経て,1949年共同通信社専務理事に就任した。学生時代から登山をはじめ,1921年積雪期の燕岳スキー初登頂,22年槙有恒ら慶大隊と積雪期の槍ヶ岳初登頂などを行い,25年ヨーロッパ留学後はスイス・アルプスで数多くの山に登り,アイガーのヘルンリ稜初登攀を達成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まつかたさぶろう【松方三郎】

1899~1973) 登山家。正義の一三男。本名、義三郎。京大卒。1970年(昭和45)エベレスト登山隊長として、日本人初登頂を成功に導く。日本山岳会・山岳協会の会長を歴任。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松方三郎
まつかたさぶろう
(1899―1973)

登山家。明治の元勲松方正義(まさよし)の十三男。学習院の中等科、高等科を経て京都帝国大学卒業。ジャーナリストの道を歩み、共同通信社専務理事を務めた。学生時代から登山を始め、1921年(大正10)厳冬期燕岳(つばくろだけ)スキー初登頂、22年厳冬期槍ヶ岳(やりがたけ)初登頂。25年からスイス・アルプスで数多くの登山を行いアイガーのヘルンリ稜(りょう)初登攀(とうはん)に成功した。良識をもって登山界をリードし、日本の登山界の隆盛を築いた功労者。第5代(1946~48)、第10代(1962~68)日本山岳会会長、68年(昭和43)名誉会員、イギリス山岳会会員。70年エベレスト登山隊隊長として、松浦輝夫(てるお)、植村直己(なおみ)の両隊員による日本隊初の登頂を成功させた。『アルプス記』『アルプスと人』『遠き近き』などの著書や多くの訳書がある。[徳久球雄]
『『アルプスと人』(1976・築地書館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

松方三郎の関連キーワード松方コレクションセガンティーニルックザック松方 幸次郎エベレスト山松方幸次郎松方 正義松方義三郎昭和時代板倉勝宣植村直己

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android