コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松永和風 マツナガワフウ

デジタル大辞泉の解説

まつなが‐わふう【松永和風】

長唄唄方
(3世)[1839~1916]清元の節回しを取り入れた芸風で、好評を博した。「和楓」の字を用いた。
(4世)[1874~1962]美声と独特の節回しで、昭和初期に一世を風靡(ふうび)した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

松永和風【まつながわふう】

長唄唄方の芸名。初世〔?-1808〕はもと松永忠五郎。3世〔1839-1916〕は美声をもって活躍。清元節語り口をとり入れて人気を呼んだ。4世〔1874-1962〕も美声の上に独自の節まわしを工夫して活躍。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつながわふう【松永和風】

長唄の唄方。現在まで4世を数え,3世は和楓と記し,4世も一時期,和楓と記した。(1)初世(?‐1808(文化5)) 長唄松永派の流祖初世松永忠五郎の後名。松島茂平次の門弟。謡曲が巧みで,1774年(安永3)5月,市村座の《二人椀久(ににんわんきゆう)》で《井筒》のクセをうたい好評を博す。95年(寛政7),忠五郎を和風と改名する。(2)2世 2世松永忠五郎(?‐1857)の後名と思われる。(3)3世(1839‐1916∥天保10‐大正5) もと清元叶太夫(かのうたゆう)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

松永和風の関連キーワード松永 鉄五郎(9代目)松永 和風(4代目)松永鉄五郎(8代)松永鉄五郎(9代)松永忠五郎(1世)松永忠五郎(初代)松永和風(4世)松永和風(4代)2月18日長唄

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android