コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松永和風 マツナガワフウ

3件 の用語解説(松永和風の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まつなが‐わふう【松永和風】

長唄唄方。
(3世)[1839~1916]清元の節回しを取り入れた芸風で、好評を博した。「和楓」の字を用いた。
(4世)[1874~1962]美声と独特の節回しで、昭和初期に一世を風靡(ふうび)した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

松永和風【まつながわふう】

長唄唄方の芸名。初世〔?-1808〕はもと松永忠五郎。3世〔1839-1916〕は美声をもって活躍。清元節の語り口をとり入れて人気を呼んだ。4世〔1874-1962〕も美声の上に独自の節まわしを工夫して活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつながわふう【松永和風】

長唄の唄方。現在まで4世を数え,3世は和楓と記し,4世も一時期,和楓と記した。(1)初世(?‐1808(文化5)) 長唄松永派の流祖初世松永忠五郎の後名。松島茂平次の門弟。謡曲が巧みで,1774年(安永3)5月,市村座の《二人椀久(ににんわんきゆう)》で《井筒》のクセをうたい好評を博す。95年(寛政7),忠五郎を和風と改名する。(2)2世 2世松永忠五郎(?‐1857)の後名と思われる。(3)3世(1839‐1916∥天保10‐大正5) もと清元叶太夫(かのうたゆう)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

松永和風の関連キーワードタンジマートアメリカ音楽植物病理学アロー号ブロッホ歴史小説新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令茶室一覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone