コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板目紙 イタメガミ

デジタル大辞泉の解説

いため‐がみ【板目紙】

和紙を何枚も貼り合わせて、厚く硬くしたもの。和本表紙(はかま)の腰板などに用いる。いため。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いためがみ【板目紙】

和紙を幾枚も張り合わせた厚紙。和本の表紙などに使う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

板目紙
いためがみ

和紙を何枚も糊(のり)で貼(は)り重ねた厚紙。板の木目を思わせるので板目紙の字をあてているが、一説には撓(いた)め皮(膠(にかわ)を薄めた水に浸して、槌(つち)でたたいて固めた皮)のように、打ち固める意味を表すともいわれる。江戸時代には、商店の帳簿や書籍の表紙などによく用いられた。江戸中期の川柳(せんりゅう)集『柳樽(やなぎだる)』に、「徳に入る門の扉も板目紙」とあるのは、当時徳に入る門というのが大学のことを意味したので、扉と板とをかけて、『大学』(儒教の経典の一つ)の表紙がこの紙で仕立てられたことを示している。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

板目紙の関連キーワード極め込み・木目込み押し絵紙細工和紙厚紙板目

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android