コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板目紙 イタメガミ

デジタル大辞泉の解説

いため‐がみ【板目紙】

和紙を何枚も貼り合わせて、厚く硬くしたもの。和本の表紙や袴(はかま)の腰板などに用いる。いため。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いためがみ【板目紙】

和紙を幾枚も張り合わせた厚紙。和本の表紙などに使う。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

板目紙
いためがみ

和紙を何枚も糊(のり)で貼(は)り重ねた厚紙。板の木目を思わせるので板目紙の字をあてているが、一説には撓(いた)め皮(膠(にかわ)を薄めた水に浸して、槌(つち)でたたいて固めた皮)のように、打ち固める意味を表すともいわれる。江戸時代には、商店の帳簿や書籍の表紙などによく用いられた。江戸中期の川柳(せんりゅう)集『柳樽(やなぎだる)』に、「徳に入る門の扉も板目紙」とあるのは、当時徳に入る門というのが大学のことを意味したので、扉と板とをかけて、『大学』(儒教の経典の一つ)の表紙がこの紙で仕立てられたことを示している。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone