コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腰板 コシイタ

デジタル大辞泉の解説

こし‐いた【腰板】

壁・障子などの下部に張った板。
男の(はかま)の後ろ腰に当てる板。現在では厚紙を共ぎれで包んで用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リフォーム用語集の解説

腰板

建物の壁面の仕上げや構造が上部と下部で異なる場合の、下部の壁面を腰といい、その腰部分に張られた板の事を指す。腰壁とも言う。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

こしいた【腰板】

壁・障子・垣根などの下部に張った板。腰張り板。
男袴はかまの後ろ腰に当てる山形の板。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腰板
こしいた

建物の壁面の仕上げや構造が上部と下部で異なる場合の、下部の壁面を腰といい、腰に張られた板を腰板とよぶ。腰羽目としてよく用いられ、壁の下部を保護するとともに意匠的意味をもつ。平板張り、鏡板張りなどがある。腰板上部に笠木(かさぎ)を、下部に添え木を施すのが通例である。
 障子や板戸の下半で板張りになっている部分も腰板といい、腰板を用いた障子は腰板障子とよばれる。[中村 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

腰板の関連キーワード腰張り板・腰張板中央アジア美術大覚寺障壁画腰高障子尾和宗臨腰ガラス玉虫厨子渡辺始興山椒鋲板目紙腰障子中村建具高機垣根障子裏腰山袴素襖袴腰

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腰板の関連情報