コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枕金 マクラガネ

デジタル大辞泉の解説

まくら‐がね【枕金】

遊女を身受けするときの手付金。まくらきん。
芸者が客に身をまかせるときに受け取る契約金。まくらきん。

まくら‐きん【枕金】

まくらがね」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まくらがね【枕金】

遊女を身請けするときの手付け金。まくらきん。
芸妓が客と共寝するとき、客からもらう契約金。枕掛け。まくらきん。 「 -五両にて、あらまし相談できて/洒落本・箱枕」

まくらきん【枕金】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

枕金の関連キーワード手付金洒落本遊女はか