コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林知己夫 はやし ちきお

1件 の用語解説(林知己夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林知己夫 はやし-ちきお

1918-2002 昭和後期-平成時代の統計学者。
大正7年6月7日生まれ。昭和49年統計数理研究所長となる。61年放送大教授。昭和28年以来,5年ごとに日本人の国民性調査を実施。質的なものを数値としてあらわす「数量化理論」を確立し,統計的方法の適用範囲を飛躍的にひろげ,世論調査,マーケティング,心理学などの分野でひろくつかわれようになった。平成14年8月6日死去。84歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「日本人の心をはかる」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の林知己夫の言及

【数量化】より

…測定値には数量で与えられる量的データと数量では表現できない質的データとがあり,後者の方が扱いは難しい。数量化は質的な多変量データから有効な情報を引き出すために工夫された統計的データ解析法で,文部省統計数理研究所の林知己夫(ちきお)によって開発された。〈林の数量化〉〈(林の)数量化理論〉ともいい,数量化第I類,第II類,第III類,第IV類と名づけられた四つの分析法を中核とする。…

※「林知己夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

林知己夫の関連キーワード宇佐見英治大庭脩小野木朝子笠原和夫国弘威雄鄭詔文辻隆津田秀夫山村昌河野道代

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone