コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統計数理研究所 トウケイスウリケンキュウジョ

デジタル大辞泉の解説

とうけいすうり‐けんきゅうじょ〔‐ケンキウジヨ〕【統計数理研究所】

確率・統計の理論やその応用に関する研究を行う日本の公的研究機関。情報・システム研究機構を構成する大学共同利用機関法人の一つ。昭和19年(1944)設立。平成16年(2004)、大学共同利用機関法人に改組。モデリング研究系、データ科学研究系、数理・推論研究系、および予測発見戦略研究センター、リスク解析戦略研究センターなどの研究部門がある。統数研ISM(The Institute of Statistical Mathematics)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

統計数理研究所【とうけいすうりけんきゅうじょ】

大学共同利用機関法人情報・システム研究機構に所属する四つの研究機関の一つ。情報社会やリスク社会に科学的に対応するための新しい理論・方法に関して研究するのが目的。
→関連項目総合研究大学院大学

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

統計数理研究所
とうけいすうりけんきゅうじょ

国立大学法人法に基づいて設置された、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構傘下の国立の研究所である。英語名はThe Institute of Statistical Mathematics。略称は統数研、ISM。所在地は東京都立川市。
 1944年(昭和19)6月に、「確率に関する数理及びその応用の研究を掌(つかさど)り、並びにその研究の連絡、統一及び促進を図る」ことを目的として設置された。日本の統計数理研究の中心的な研究機関として活動してきたが、1985年(昭和60)にさらに統計科学の中核の役割を担うため共同研究・共同利用の体制を強化した。そして「統計に関する数理及びその応用の研究を行い、かつ、大学の教員その他の者でこれと同一の研究に従事するものに利用させること」を目的とした大学共同利用機関に改組転換した。
 統計の研究は、もともと社会集団の特性を記述することから始まった。しかし現在では、科学的仮説の構築や検証など合理的な推論や予測を実現するため、各種データを有効利用する学問となってきた。あらゆる学問分野にわたる基礎研究や応用研究に、統計学は不可欠なものとなっている。とくに近年は、多様な統計モデルの開発が推進され、超高速コンピュータとの結合による新しい情報処理方法も確立されてきている。
 欧米では統計学科を有する大学が多いが、日本では皆無であり、統計科学関係研究機関もきわめてわずかである。この分野での本研究所の存在意義は大きく、1988年には総合研究大学院大学の数物科学研究科(2004年の改組で複合科学研究科)統計科学専攻を設置して、若手研究者を育成している。[馬場錬成]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

統計数理研究所の関連キーワード世論調査(よろんちょうさ)情報システム研究機構佐々木 達治郎佐々木達治郎掛谷 宗一国民性調査窪田 忠彦増山元三郎末綱 恕一林 知己夫計量政治学窪田忠彦林知己夫赤池弘次末綱恕一河田敬義掛谷宗一数量化

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

統計数理研究所の関連情報