コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柏戸剛 かしわどつよし

4件 の用語解説(柏戸剛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柏戸剛
かしわどつよし

[生]1938.11.29. 山形
[没]1996.12.8. 東京
第 47代横綱。本名富樫剛。 1954年9月初土俵。 1958年9月初入幕。 1961年9月場所後,ライバルの大鵬 (→大鵬幸喜 ) とともに横綱に昇進。昭和 30年代後半に「柏鵬時代」といわれる相撲の黄金時代を築き上げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かしわど‐つよし〔かしはど‐〕【柏戸剛】

[1938~1996]力士。第47代横綱。山形県出身。本名、富樫(とがし)剛。昭和36年(1961)大鵬(たいほう)とともに横綱に昇進し「柏鵬(はくほう)時代」を築いた。優勝5回。引退後、年寄鏡山。→第46代横綱朝潮 →第48代横綱大鵬

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柏戸剛 かしわど-つよし

1938-1996 昭和時代後期の力士。
昭和13年11月29日生まれ。昭和29年伊勢ノ海部屋の誘いで秋場所見学に上京し,そのまま入門。33年入幕。立ち合いからの一気の速攻で昇進し,35年大関。36年47代横綱となる。48代横綱大鵬(たいほう)とともに柏鵬(はくほう)時代をきずく。44年引退。優勝5回。鏡山部屋をおこした。平成8年12月8日死去。58歳。山形県出身。本名は富樫剛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柏戸剛
かしわどつよし
(1938―1996)

第47代横綱。山形県東田川郡山添(やまぞえ)村(現鶴岡(つるおか)市)生まれ。本名富樫(とがし)剛。1954年(昭和29)9月伊勢ノ海部屋から初土俵を踏み、58年入幕、60年大関、翌61年9月場所後に大鵬(たいほう)とともに横綱に昇進。188センチメートル、140キログラムの敏捷(びんしょう)な取り口で土俵上のサラブレッドの異名をとり、好敵手大鵬との対戦ではファンの人気を二分し、「栃若時代」についで「柏鵬時代(はくほうじだい)」の黄金時代を築いた。優勝5回(全勝1回)、1969年引退し年寄鏡山を襲名、部屋を再興、関脇(せきわけ)多賀竜(たがりゅう)(現鏡山親方)を優勝させるなど、相撲界に貢献した。[向坂松彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柏戸剛の関連キーワード断髪式佐田の山晋松玉の海正洋栃ノ海晃嘉控力士朝潮太郎(3代)大ノ里万助小熊伊成豊山勝男あんま

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone