柳剛流(読み)りゅうごうりゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幕末に台頭した剣術の一流派。流祖は武州北葛飾(きたかつしか)郡惣新田(そうしんでん)(埼玉県幸手(さって)市)の人、岡田総右衛門奇良(そううえもんきりょう)(1765―1826)。奇良は、はじめ心形刀(しんぎょうとう)流を伊庭軍兵衛直保(いばぐんべえなおやす)の高弟大河原右膳(おおかわらうぜん)有曲に学んで免許を得、のち関東各地を遍歴して三和無敵(さんわむてき)流や当(とう)流などの諸流を修めた。脚を撃つことに妙を得、相手の臑(すね)を斬(き)ることをもっとも得意とし、稽古(けいこ)には防具に竹製の臑当を着用することを始めた。こうした奇抜な実戦的剣法に対し、千葉周作(しゅうさく)ら当時の道場主たちはその防御対策に苦心したという。その後、奇良は一橋(ひとつばし)家の師範となり、また神田お玉が池に道場を開いて多く門弟を養ったが、剣のほかに薙刀(なぎなた)・居合・棒・杖(じょう)・柔術などの諸要素を取り入れた、幅の広い混合武術の形態をとったために、師家の統制が緩やかで、免許を受けた門人らは関東各地に分散し、社中を結成して、林派・今井派・杉田派・中山派・古川派・岡安(おかやす)派・飯箸(いいばし)派・山内派・横山派・深井派・行川(なめかわ)派など多く支流分派を形成した。

 2代目の岡田十内叙吉(じゅうないのぶよし)は足立(あだち)郡下戸田(しもとだ)村(埼玉県戸田市)の医師静安(せいあん)の子として生まれ、江戸に出て奇良の門に入り、ついに蘊奥(うんのう)を極めてその養嗣(ようし)となった人で、本郷森川町に道場を移して、藤堂(とうどう)藩や福山藩の師範に召し出され、門人千数百に達したという。また、陸前の一条作馬之介(いちじょうさまのすけ)が角田(かくた)の石川氏に仕え、仙台方面にこの流派を広めた。幕末、講武所教授方から新徴組支配となった松平上総介忠敏(かずさのすけただとし)や紀州藩の橘内蔵介(たちばなくらのすけ)らも柳剛流の剣士として知られた。

[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android