コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田雄次 しばたゆうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柴田雄次
しばたゆうじ

[生]1882.1.28. 東京
[没]1980.1.28. 東京
化学者。東京帝国大学化学科卒業 (1907) 。 1910~13年,ドイツ,フランスに留学。帰国して東京帝国大学教授 (19~42) ,名古屋大学の初代理学部長 (42~48) ,東京都立大学初代学長 (49~57) ,日本学士院院長 (62~70) 。 27年「金属醋塩の分光化学的研究」で帝国学士院恩賜賞を受けた。早くから希土類鉱物の研究を開始し,地球化学の発展に尽力した。父は薬学者柴田承桂で,兄の柴田桂太は著名な植物生理学者である。 62年文化功労者に選ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しばた‐ゆうじ【柴田雄次】

[1882~1980]化学者。東京の生まれ。東京帝大教授、東京都立大総長、学士院院長。錯塩化学・分光化学地球化学研究で業績を残した。「金属錯塩の分光科学的研究」で学士院恩賜賞を受賞。昭和37年(1962)文化功労者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

柴田雄次【しばたゆうじ】

化学者。東京生れ。東大卒後,ヨーロッパに留学し,ハンチウェルナーユルバンらの下で分光化学,錯塩化学を研究。帰国後1919年東大教授。金属錯塩の合成およびその吸収スペクトルの研究,コバルト錯塩の立体異性に関する研究などにより日本の分光化学,錯塩化学を築きあげ,また含希土類元素鉱石の化学的研究により地球化学の基礎を築いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田雄次 しばた-ゆうじ

1882-1980 大正-昭和時代の化学者。
明治15年1月28日生まれ。柴田承桂(しょうけい)の次男。柴田桂太の弟。大正8年母校東京帝大の教授となる。分光化学,錯塩化学,地球化学の日本での基礎をきずき,古文化財の化学的研究もおこなう。昭和24-32年都立大初代総長,37-45年学士院院長をつとめた。昭和2年学士院恩賜賞,37年文化功労者。昭和55年1月28日死去。98歳。東京出身。著作に「分光化学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しばたゆうじ【柴田雄次】

1882‐1980(明治15‐昭和55)
化学者。東京で薬学者柴田承桂の次男に生まれる。植物生理化学者柴田桂太は兄。1907年東京帝国大学理科大学化学科を卒業,有機化学を専攻,10年同大学講師。同年桜井錠二の要請で無機化学研究のためドイツのハンチA.Hantzsch,スイスのA.ウェルナー,フランスのG.ユルバンのもとに留学。13年帰国,東大助教授,19年教授となる。研究は,錯塩化学,生化学,地球化学を主とする。イギリスの分光分析装置を購入帰国して金属錯塩の構造と吸収スペクトルの関係を系統的に研究,天然物有機化学に応用し,フラボン族植物色素の吸収スペクトルの研究(1916以降)や,兄桂太と錯塩を酵素モデルとした研究に成果を上げ,27年〈金属錯塩の分光化学的研究〉に対し,帝国学士院恩賜賞を与えられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しばたゆうじ【柴田雄次】

1882~1980) 化学者。東京生まれ。東大教授。都立大総長。金属錯体とその分光学、地球化学・考古化学・触媒などを研究。日本における錯塩化学を開拓。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柴田雄次
しばたゆうじ
(1882―1980)

化学者。東京で薬学者柴田承桂(しょうけい)の次男に生まれる。1907年(明治40)東京帝国大学理科大学化学科卒業、1910年同大学講師、同年渡欧。ライプツィヒ大学のハンチ、チューリヒ大学のウェルナー、パリ大学のユルバンGeorge Urbain(1872―1938)に錯塩化学、分光化学などを学び、1913年(大正2)帰国。同年理科大学助教授となり、1919~1942年(昭和17)同教授を務めた。1942年名古屋大学初代理学部長となり、1948年(昭和23)退官。東京都立大学総長(1949~1972)、日本学士院院長(1962~1972)を歴任した。イギリスの分光分析装置を持ち帰り、金属錯塩やフラボン族色素の吸収スペクトルを系統的に研究、また兄桂太(けいた)とアントシアンによる花色変異や金属錯塩の酵素的作用を研究、日本の分光化学の基礎を築いた。東洋産含希土類元素鉱物の化学的研究を行い、日本の地球化学を創始し、古文化財の化学的研究も行った。広い視野をもち多数の化学者を育てた。1927年(昭和2)「金属錯塩の分光化学的研究」で学士院恩賜賞を受賞。著書に『分光化学』(1921)、『金属錯塩』(1929)、『無機化学』(1936、1940、1951)、『歌稿詩稿』(1969)などがある。[道家達將]
『田中実著『日本の化学と柴田雄次』(1975・大日本図書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の柴田雄次の言及

【錯体】より

…1893年A.ウェルナーが立体構造を考えて初めて異性現象を説明し,錯体化学(錯塩化学あるいは配位化学ともいう)の基礎を築いた(〈配位説〉の項参照)。ウェルナーの研究室で1911‐12年に研究した柴田雄次が帰国後,錯体の吸収スペクトルを系統的に研究したのが日本における錯体化学の始まりである。 配位子には配位原子を1個だけしかもっていないもの(単座配位子あるいは一座配位子)と,複数個もつもの(多座配位子)とがある(錯体中での配位原子の位置を配位座とよぶ。…

※「柴田雄次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柴田雄次の関連キーワード日本科学史(年表)恩賜賞受賞者槌田 龍太郎木村健二郎名古屋大学柴田南雄井上 敏金属錯体昭和時代分光学触媒

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android