柿右衛門窯跡(読み)かきえもんかまあと

国指定史跡ガイドの解説

かきえもんかまあと【柿右衛門窯跡】


佐賀県西松浦郡有田町南山丁にある窯跡。佐賀県西部地方には約500ヵ所にのぼる近世磁器窯跡があるが、この窯跡は有田町の現在の柿右衛門窯裏手にあたる、標高85m前後の年木山丘陵西斜面に所在する。1976年(昭和51)から発掘調査が実施され、並列した2基の窯跡と焼き物が捨てられた物原(ものはら)を確認。窯跡はいずれも階段状式連房式登り窯の構造で、A窯跡は胴木間から第12室までの水平長約42m、窯全体は約60m規模と推定。各焼成室は窯尻に移るにしたがって幅を増し、扇状に広がる形態である。B窯跡はA窯跡の北側に並列して構築され、窯の最後尾が一部削平されているが、胴木間と21の焼成室とからなる。窯跡の水平長約83m、A窯跡同様、平面形が扇状に広がる形態をとる。両窯跡とも保存状態が良好であることから、1989年(平成1)に国の史跡に指定された。色絵磁器の代名詞ともいわれる柿右衛門様式は、染め付け、白磁、青磁など、いずれの技法をみてもわが国を代表する高級磁器で、この窯跡はその優品を専業的に生産した登り窯であることから、わが国窯業史上における学術的価値は高い。操業時期は17世紀後半と推定される。JR佐世保線ほか有田駅から徒歩約30分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android