コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株式交換制度 かぶしきこうかんせいど

2件 の用語解説(株式交換制度の意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

株式交換制度

完全親子会社関係を創設するための手法の中で、基本的には完全個会社を創出するための組織法上の行為。つまり、完全親会社となるべき会社が自社の株式を対価として、既存の会社の株主が所有する株式を法的な強制力をもって取得する行為。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

株式交換制度【かぶしきこうかんせいど】

企業の合併や買収(M&A),純粋持株会社の創設などを円滑に行うため,株式の交換をスムーズに行う仕組み。1999年の商法改正により株式移転制度とともに実現した。従来,企業買収を行う際は,売り手企業の株主から株式を買い取らなければならなかったが,株式交換ではその株式に見合った自社株を割り当てることが可能となる。
→関連項目会社分割制度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

株式交換制度の関連キーワード持株会社持ち株会社企業の合併・買収企業買収価値純粋持株会社放送持株会社企業合併買収監査

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone