コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核抑止論 かくよくしろん

1件 の用語解説(核抑止論の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

核抑止論【かくよくしろん】

核兵器の保有はその法外な破壊力のために,かえって戦争を抑止する力となるという考え方核兵器を使用しようとした場合,自国も相手国から核兵器による破滅的な被害を覚悟しなければならず,そのため最終的には核兵器の使用を思いとどまるという論理で,英国のチャーチル首相が述べた〈恐怖の均衡〉という考えに基づいている。
→関連項目安全保障

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

核抑止論の関連キーワード核兵器戦術核兵器核抑止先制不使用消極的安全保障ニュークリア破壊力非核戦域核兵器原子力の平和利用

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

核抑止論の関連情報