核抑止論(読み)かくよくしろん

百科事典マイペディアの解説

核兵器の保有はその法外な破壊力のために,かえって戦争を抑止する力となるという考え方。核兵器を使用しようとした場合,自国も相手国から核兵器による破滅的な被害を覚悟しなければならず,そのため最終的には核兵器の使用を思いとどまるという論理で,英国のチャーチル首相が述べた〈恐怖の均衡〉という考えに基づいている。こうして米国,ソ連双方に戦争による破滅的な破壊への恐怖が等しく生まれ,それがかえって〈恐怖による平和〉をもたらすとされた。〈核抑止nuclear deterrence〉という言葉は1957年のパグウォッシュ会議で批判的意味を込めて初めて使われた。ただし,核抑止が成り立つためには相手が第一撃を思いとどまるような報復力を備えていなければならず(米国の大量報復戦略),結果的に米ソはこの核抑止論に基づく核戦略に従い,激しい核軍拡競争に走ることになる。1980年代以降には米ソ間で核軍縮への道が開かれたが,冷戦体制の崩れた現在でも米国,ロシアをはじめとした核保有国の核戦略は基本的にこの考えに立っているといってよい。
→関連項目安全保障

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

核抑止論の関連情報