コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根岸派 ネギシハ

大辞林 第三版の解説

ねぎしは【根岸派】

明治20年代、東京下谷根岸に住んでいた文人の一団の称。饗庭篁村あえばこうそんを中心に森田思軒・須藤南翠・岡倉天心・幸田露伴らがいた。根岸党。
根岸短歌会。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

根岸派の関連キーワードアララギ(短歌結社雑誌)伊藤 左千夫高橋 太華関根 黙庵斎藤茂吉原抱一庵香取秀真岡倉天心幸堂得知饗庭篁村須藤南翠心の花長塚節日本派桂湖村岡麓赤光

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android