コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須藤南翠 すどう なんすい

4件 の用語解説(須藤南翠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須藤南翠 すどう-なんすい

1857-1920 明治-大正時代の小説家,新聞記者。
安政4年11月3日生まれ。改進党系の「改進新聞」などに発表した政治小説で文名をあげ,のち「大阪朝日新聞」にまねかれた。大正9年2月4日死去。64歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。松山師範卒。名は光暉(みつてる)。作品に「緑簔談(りょくさだん)」「新粧(しんそう)之佳人」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

須藤南翠【すどうなんすい】

小説家,新聞記者。本名光暉。伊予生れ。別号土屋南翠,同郁,揚外堂主人など。藩校明倫館,松山師範を卒業後しばらく教師となるが,上京。放浪生活の後に《有喜世新聞》に入社。
→関連項目饗庭篁村

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

すどうなんすい【須藤南翠】

1857~1920) 小説家。伊予の人。本名、光暉みつてる。新聞の続き物から政治小説に転じ、地方自治を説いた「緑簑談りよくさだん」や、男女平等の未来社会を描く「新粧之佳人」などで人気を博した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

須藤南翠
すどうなんすい
(1857―1920)

小説家、新聞記者。本名光暉(みつてる)。伊予国(愛媛県)宇和島藩士須藤但馬(たじま)の次男。明倫館に学び松山師範学校卒業後、教員生活ののち上京し、『有喜世(うきよ)新聞』に入社した。同紙が『開花新聞』『改進新聞』と改名するにつれて、新聞小説で有名になり、『読売新聞』の饗庭篁村(あえばこうそん)と双璧(そうへき)とうたわれた。1886年(明治19)には、『照日葵(てるひのあおい)』『緑簑談(りょくさだん)』『新粧之佳人』などの政治小説によって注目された。92年、『大阪朝日新聞』に招かれて関西に移り、1905年(明治38)帰京。以後、『東京朝日新聞』に小説を書き、高僧伝を刊行した。[興津 要]
『柳田泉著『政治小説研究 中』(1968・春秋社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の須藤南翠の言及

【政治小説】より

…ほかに自由党系の《自由灯(じゆうのともしび)》,改進党系の《改進新聞》も,政治小説の有力な発表機関だった。これらの新聞は政治小説の啓蒙的役割を重視したが,その記者にも《自由新聞》の桜田百衛(ももえ)(1859‐83),《絵入自由新聞》の小室案外堂(あんがいどう),《報知新聞》の矢野竜渓,尾崎咢堂,《改進新聞》の須藤南翠(なんすい)ら政治小説家として活躍した人が少なくない。大デュマの《一医師の追憶》を翻案した《仏国革命起源 西洋血潮小暴風(にしのうみちしおのさあらし)》(1882)で,原作にない熱烈な民権論を鼓吹したことで東洋のユゴーと呼ばれた桜田は83年に夭折するが,その志を継いで革命文学としての政治小説を精力的に執筆したのは宮崎夢柳(1855‐89)である。…

※「須藤南翠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

須藤南翠の関連キーワード後藤宙外荒木郁子岡本霊華杵屋六三郎(10代)阪田貞一瀬戸虎記鶴賀鶴吉(5代)浜田義徳柳下孤村大正時代美術

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone