コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悲壮 ひそう the tragic

4件 の用語解説(悲壮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

悲壮
ひそう
the tragic

美学上の用語。通常滑稽の対立概念とされる美的範疇の一つ。本来は悲劇のなかにその純粋な発現がみられるが,その他の芸術や日常世界にもみられる。悲哀とも似るが単純な悲しさではなく,価値ある人物の没落に関係する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひ‐そう〔‐サウ〕【悲壮】

[名・形動]悲しい中にも雄々しくりっぱなところがあること。また、そのさま。「悲壮な決意」
[派生]ひそうさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひそう【悲壮 tragic】

滑稽(喜劇美)と対をなす美的範疇で,悲劇に認められる特質を語ろうとする概念。〈悲劇美〉〈悲劇性〉〈悲劇的なるもの〉などとも呼ばれる。悲劇はギリシア以来ながく西洋の敬重してきた芸術形式ゆえ,悲劇観の変遷に応じて悲壮の概念も多義だが,ことにドイツ観念論以降この概念は悲劇という芸術形式を超えて人生の万般に広く適用されるようになり,世界観的態度と結ばれる精神的意義を深めて今日にいたっている。一般には,価値あるものが侵害を受け没落の過程や結末に激しい苦悩をなめるが,同時にこれを見守る者にはいよいよたっとぶべき価値の強化が感得されるとき悲壮が成り立つという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひそう【悲壮】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
悲しい中にも勇ましく雄々しいところがある・こと(さま)。また、悲痛な思いを胸に秘めた勇ましさをいう。 「 -の最期」 「 -な覚悟」 → 悲愴(補説欄)
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

悲壮の関連キーワード崇高仇をなす重きをなす双数山をなす置き鯉置鳥子中をなす信をなす美的範疇

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

悲壮の関連情報