戦う/闘う(読み)タタカウ

デジタル大辞泉の解説

たたか・う〔たたかふ〕【戦う/闘う】

[動ワ五(ハ四)]《動詞「たた(叩)く」の未然形に反復継続の助動詞「ふ」の付いたものからとも、「叩き合ふ」の音変化とも》
武力を用いて互いに争う。戦争する。「反乱軍と―・う」
互いに技量などを競い、勝負を争う。競争する。試合する。「強豪と―・う」「優勝をかけて―・う」
思想や利害の対立する者どうしが自分の利益や要求の獲得のために争う。「労使が―・う」「賃上げのために―・う」
苦痛や障害を乗りきろうとする。打ち勝とうと努力する。「困難と―・う」「病気と―・う」
互いにたたき合う。
「うつ浪に満ちくる潮の―・ふを楯が崎とはいふにそありける」〈夫木・二六〉
[補説]34は多く「闘う」と書く。
[可能]たたかえる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例