コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂心 ケイシン

デジタル大辞泉の解説

けい‐しん【×桂心】

ニッケイの樹皮の外皮を除いたもの。薬用とする。
「―といふ薬はこの国にも候ひければ」〈今昔・二四・一〇〉
唐菓子(とうがし)の一。餅で宝冠の形に作り、上にニッケイの粉末をつけたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいしん【桂心】

肉桂の皮からとる薬。 「 -と云ふ薬はこの国にも候ければ/今昔 24
肉桂の粉をまぶした餅菓子。 〔和名抄〕
ヤブニッケイの異名。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

桂心の関連キーワードヤブニッケイ穆子内親王歓喜おだん中国菓子賀陽采女薬売り餅菓子和名抄菓子肉桂団子

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android