コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃林亭東玉 とうりんてい とうぎょく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桃林亭東玉 とうりんてい-とうぎょく

1786-1849 江戸時代後期の講釈師。
天明6年生まれ。禅僧から還俗(げんぞく)し,塚田太琉と名のって江戸で活躍。平易な講釈が好評で,天保(てんぽう)8年大坂での旅興行でも人気を博し,「東都の玉」と称された。東玉の名はこれによるという。嘉永(かえい)2年8月19日死去。64歳。姓は阿部。通称は桃次郎。号は玉整。
【格言など】人問はば友達どもが迎ひにて浄土の席を打つと答へよ(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうりんていとうぎょく【桃林亭東玉】

1786‐1849(天明6‐嘉永2)
江戸末期の軍談師。講談史に残る名人として知られる。本名阿部桃次郎。禅宗の僧から還俗(げんぞく)して講釈師となる。初め桃玉と名乗り,通俗的な読み口で婦女子の人気を博した。〈東都の玉〉と称されたところから,東玉と名を改め,大坂に上る。〈講釈師は学者に非ず,芸人なり〉を信条としたが,文,絵画にも長じ,風流のたしなみもあった。〈人問はば友達どもが迎ひにて浄土の席を打つと答へよ〉の辞世を残して死去した。【矢野 誠一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

桃林亭東玉の関連キーワード小金井芦洲(初代)錦城斎典山(初代)五明楼玉輔(初代)小金井芦洲松林伯円旅興行