コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梁石日 ヤンソギル

3件 の用語解説(梁石日の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヤン‐ソギル【梁石日】

[1936~ ]小説家・詩人。大阪の生まれ。本名、正雄(ジョンウン)。在日朝鮮人二世。「狂躁曲」(のち「タクシー狂躁曲」と改題)でデビュー。同作は崔洋一監督「月はどっちに出ている」で映画化された。実父をモデルに破滅的な男の半生を描いた「血と骨」で山本賞受賞。他に「夜を賭けて」「夜の河を渡れ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梁石日 ヤン-ソギル

1936- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和11年8月13日大阪生まれ。美術印刷会社をおこすが失敗し,東京で10年間タクシー運転手をつとめる。昭和56年「タクシー狂躁曲」(映画「月はどっちに出ている」の原作)で作家デビュー。平成10年「血と骨」で山本周五郎賞荒くれ者だった在日朝鮮人の父をモデルに,暴力と欲望のなかにいきる人間像をえがいて話題をよんだ。高津高卒。本名は正雄。著作はほかに「夜を賭けて」「闇の子供たち」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梁石日
やんそぎる
(1936― )

小説家、詩人。本名梁正雄(ヤンジョンウン)。大阪市に在日朝鮮人二世として生まれる。大阪府立高津高校(定時制)卒業。19歳の頃、詩人の金時鐘(きんじしょう/キムシジョン)と出会い、詩誌『ヂンダレ』の会員になり、その後しばらく詩に没頭していた時期が続く。22歳のとき、旧陸軍大阪造兵廠(ぞうへいしょう)跡の鉄屑掘りで勇名を轟かせた集団「アパッチ族」に参加。この時期の模様はのちに『夜を賭けて』(1994。直木賞候補作)で詳しく語られるが、梁石日の小説は基本的に自らの人生と出自を振り返るものが多い。1961年(昭和36)、結婚。父親が経営していた蒲鉾工場の跡で印刷事業を始める。ところが、事業の拡大を図るも失敗し、大阪を出奔、仙台に逃げる。この間の顛末(てんまつ)も『子宮の中の子守歌』(1992)で詳細に描かれる。しかし、仙台での生活も長くは持たず、再び逃亡し東京でタクシー運転手となる。このときすでに33歳になっていた。この時期のことは『睡魔』(2001)と重なる。
 その後、タクシー運転手生活を10年ほど続けるかたわら、評論家岡庭昇(1942― )主宰の『同時代批評』に参加。同誌や『文芸展望』『使者』などに短篇を執筆。それらをまとめて『狂躁曲』(1981。のちに『タクシー狂躁曲』と改題)を刊行する。このときの体験は『タクシードライバー日誌』(1984)、『ドライバー・最後の叛逆』(1987)、『タクシードライバーほろにが日記』(1993)と一連のドライバーものに描かれる。その一方で、家族の愛情や事業の失敗など実体験をもとにした小説『族譜の果て』(1989)、新宿歌舞伎町で犯罪ビジネスに手を染めていく2人の在日朝鮮人の若者を主人公とする『夜の河を渡れ』(1990)、フィリピン女性ダンサーの悲劇と日本に帰化した元韓国人の波瀾の人生を描く『断層海流』(1993)など、着実に作家としての地歩を固めていく。また、自らの人生をたどったノンフィクション『修羅を生きる』(1995)の中で、父親との確執、葛藤(かっとう)をかなり詳細に書き記したことによって、梁石日はひとつの転機を迎える。いつかは超えなければならない壁だった存在=父親をこれまで以上に強く意識するようになった梁は、畢生(ひっせい)の力作『血と骨』(1998。山本周五郎賞受賞)を書き上げた。強烈な自我、烈しい欲望、そして過剰な暴力衝動を持て余しながら、壮絶で破滅的な人生を生きた男の半生を、圧倒的な迫力で描いた本作は、同時に第二次世界大戦前から戦後にかけての在日朝鮮人コミュニティのクロニクルともなっている。[関口苑生]
『『ドライバー・最後の叛逆』(1987・情報センター出版局) ▽『タクシードライバーほろにが日記』(1993・書肆ルネッサンス) ▽『断層海流』(1993・青峰社) ▽『睡魔』(2001・幻冬舎) ▽『子宮の中の子守歌』『夜を賭けて』(幻冬舎文庫) ▽『修羅を生きる』『血と骨』(幻冬舎アウトロー文庫) ▽『タクシードライバー日誌』(ちくま文庫) ▽『族譜の果て』(徳間文庫) ▽『夜の河を渡れ』(新潮文庫) ▽『タクシー狂躁曲』(角川文庫) ▽梁石日・高村薫著『快楽・救済』(1998・NHK出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梁石日の関連キーワード赤江瀑重兼芳子三田誠広石和鷹石井代蔵稲見一良林郁広瀬仁紀山下惣一山田智彦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梁石日の関連情報