コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大統暦 たいとうれき

4件 の用語解説(大統暦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大統暦
たいとうれき

中国,明代に行われた暦法の一つ。郭守敬のつくった授時暦に修正を加えたもので,洪武1 (1368) 年から約 260年間用いられた。1年の長さを 365.2425日 (正確な1太陽年は 365.2422…日) とするなど,かなり精度の高いものであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいとう‐れき【大統暦】

中国、代の1368年、漏刻博士元統が元の授時暦に基づいて作った暦。二百数十年にわたって施行された。日本でも貞享元年(1684)に採用されたが、わずか半年で渋川春海貞享暦に代えられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だいとうれき【大統暦 Dà tŏng lì】

中国の明代の暦。1281年(元の至元18)から施行された授時暦は元が滅んだ後,大統暦と名称を変えて明の滅亡(1644)まで用いられた。授時暦のなかの消長法を除外したもので,元統が1384年(洪武17)に編成し,翌年から実施された。明初の1368年(洪武1)から84年までの暦も本質的には授時暦であったが,やはり大統暦と称されていた。食の予報には回回暦が参用された。【橋本 敬造】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だいとうれき【大統暦】

中国、明代に行われた暦。元統の編。1368年から明代を通じて用いられた。1684年、日本でも採用されたが、同年中に廃止。貞享暦がこれに代わった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大統暦の関連キーワード経世大典授時暦張路喀爾喀明楽若気の至り足元の明るい中心の至りフビライ小川正意