コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅瓶 メイピン

3件 の用語解説(梅瓶の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

メイピン【梅瓶】

《〈中国語〉》中国陶磁器の器形の一。口は小さく、上部は丸く張り、下方に緩やかに狭まるもの。器形は10世紀の創案。主に酒瓶として用いた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梅瓶
めいぴん

東洋陶磁の器形の一種。口造りが小さく、丈長(たけなが)で、肩が丸く張り、腰は細く締め込まれた瓶(へい)。裾(すそ)は開く場合と、さらに締め込まれる場合とがある。中国で北宋(ほくそう)時代初期の10世紀に創案された器形で、その影響は朝鮮半島、日本、ベトナム、タイと東アジアに広く及び、今日まで受け継がれている。清(しん)代の『飲流斎説瓷(いんりゅうさいせつじ)』に、口径の小さい器を「梅の痩骨(そうこつ)」と称するところから梅瓶とよばれるようになったとの記述があり、明(みん)以前の文献にはこの名称がみられないので、清代の造語であるとも考えられる。華北の磁州窯や江南の景徳鎮(けいとくちん)窯に優品がある。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone