コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


かせ

獄具の一種。古くは「かし」ともよばれた。木でつくられ、首、手または足にはめて、犯人あるいは被疑者の自由を束縛するためのもので、それぞれ首かせ()、手かせ()、足かせ(梏)があった。(なお『令義解(りょうぎのげ)』ではを足かせの意味としている)。糟令制では、その罪が死罪にあたる者には枷ととを加え、死罪にあたる婦女子および流罪にあたる者にはを去って枷だけを加え、杖(じょう)罪にあたる者にはかせを施さず、出入りだけを禁じる(散禁(さんごん)という)とされた。枷、、梏はいずれも木製であるが、枷には鉄製のものもあり、これを(かなぎ)と称した。これは足につける鉄の鎖で、徒囚を労役させるときに枷では不便なので、枷を外してかなぎをつけさせたのである。766年(天平神護2)に、犯人の逃亡に備えるために、に鈴をつけたことがある。平安時代、検非違使(けびいし)が京都の刑政をつかさどるようになってから、毎年5月、12月の両度、徒囚を東西の市(いち)に連れて行って、公衆の面前でをつける儀式が行われた。これを著(ちゃくだのまつりごと)とよび、のちに年中行事化された。[石井良助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

械の関連キーワードボードマー(Johann Georg Bodmer、機械技術者)mother machine住友重機械工業ハッカ(客家)オーエム製作所バビロン捕囚電気機械工業工作機械工業農業機械工業精密機械工業枷鎖・枷鏁自動翻訳鉱山機械マシン語機械工業建設機械農業機械水産機械セラーズ空気機械

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android