コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

械闘 かいとうxie-dou; hsieh-tou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

械闘
かいとう
xie-dou; hsieh-tou

中国の前近代社会での村落間の武器を持っての闘争。明清代の華中華南農村,とりわけ同族村落は,閉鎖的排他的な傾向が強く,個人的な報復行為ばかりでなく,村落全体の利害にかかわる水利地境墳墓などの争いについて,法に訴えないで武器を取り,実力で解決しようとすることが多かった。これが械闘で,華南では特に盛んで,福建の 漳州や泉州,広東潮州などがその中心であった。その資金は族田からの収益や寄付金などでまかなわれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かい‐とう【械闘】

革命前の中国で、水利や地境などの争いなどを原因として起きた部落や労働者集団間の武力闘争。代には華中華南に多かった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かいとう【械闘 xiè dòu】

中国,近世における農村の集団的な武力闘争。械とは武器のこと。中国の前近代社会では,官憲の力が農村の末端社会まで及ばないうえに,盗賊・匪賊が横行するので,農村では団結して防衛し,ときには山寨・堡塁を築いて緊急の際たてこもるなど,共同して故郷の村を守る風習が強かった。とりわけ中国の中南部においては,一村農民が同姓あるいは二,三姓でまとまるなど,血縁的な同族部落の性格が根強く,閉鎖的な孤立性をもっていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいとう【械闘】

中国で、利害の対立する集落間または労働者集団の間で行われる武力闘争。械は武器のこと。革命前、華中・華南で多く行われたが、今日でも散発する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の械闘の言及

【客家】より

…中国南部に移住してきた原因,経路には疑問があるが,彼らの伝承によれば,(1)4世紀初めの永嘉の乱,(2)9世紀末の黄巣の乱,(3)12世紀初めの北宋の崩壊,(4)17世紀の明の滅亡を契機として,黄河流域の漢民族がしだいに南下して以上の地域に定着し,先住の土着民から客家といわれ,やがてみずからもこれを他と区別する呼び名としたという。彼らは独立心に富み団結力が強くて簡単に土着民と融和せず,械闘(かいとう)といい武器をとって激しい争いを繰り返した。清ではこれを解消させるために,客家を海南島などへ強制移住させたほどである。…

※「械闘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

械闘の関連キーワードハッカ(客家)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android