コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田流 ふじたりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤田流
ふじたりゅう

能楽笛方流儀名。流祖は禁裏御用をつとめ,のち尾張徳川家に仕えた藤田清兵衛重政 (慶長5〈1600〉~延宝5〈77〉) 。代々名古屋に居住。近代の宗家は9世清兵衛重孝で,その後は幸清 (こうせい) 流小鼓の田鍋惣太郎の次男豊二郎が養子となり,10世六郎兵衛重明を襲名。現宗家は 10世の孫で,11世六郎兵衛 (1953~ ) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじた‐りゅう〔ふぢたリウ〕【藤田流】

能の笛方流派の一。江戸初期、尾張徳川家に仕えた藤田清兵衛重政を流祖とする。主として名古屋を中心に活動。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふじたりゅう【藤田流】

能楽笛方の流派名。下川丹斎の弟子で禁裏御用を務め,のちに尾州徳川家に仕えた藤田清兵衛重政(1600‐77)を流祖とする。現宗家は11世藤田六郎兵衛(ろくろびようえ)(1953‐ )。能楽協会には5名の役者が登録され,主として名古屋で活躍している。この流儀の音楽構造は森田流に近いが,《猩々乱(みだれ)》の譜が各段異なる,獅子でトリル奏法(装飾音の一種)を用いる,狂言来序(らいじよ)を合ワセ吹キするなど独自な点が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふじたりゅう【藤田流】

能の笛方の流名。江戸初期、尾張の徳川氏に仕えた藤田清兵衛を流祖とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

藤田流の関連キーワード藤田 六郎兵衛(10代目)藤田 六郎兵衛藤田 清兵衛唯心一刀流筧 三男囃子方一噌流徳川氏

藤田流の関連情報