コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村甲午郎 うえむらこうごろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

植村甲午郎
うえむらこうごろう

[生]1894.3.12. 東京
[没]1978.8.1. 東京
財界指導者。東京大学卒業後農商務省に入り,戦時中企画院次長となる。 1941年石炭統制会理事長。戦時統制経済に活動したため公職追放。 51年追放解除とともに経団連副会長となり,以来「財界世話業」に終始する。 68年,長く補佐した石坂泰三会長引退のあとの経団連会長に就任。 74年土光敏夫に会長を譲り,名誉会長となる。この間,70年,佐藤内閣日米繊維交渉に協力。また物価や公害問題の懇談会座長を引受けるなど,保守政権と密着した財界の代表的顔として活動を続けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村甲午郎 うえむら-こうごろう

1894-1978 大正-昭和時代の官僚,財界人。
明治27年3月12日生まれ。植村澄三郎(ちょうざぶろう)の子。大正7年農商務省にはいり,昭和15年企画院次長,16年石炭統制会理事長。戦後公職追放となり,解除後経団連副会長,43年会長。財界の調整役として手腕を発揮した。昭和53年8月1日死去。84歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

植村甲午郎
うえむらこうごろう
(1894―1978)

経営者、財界人。明治時代の著名な実業家澄三郎(旧幕臣)を父とし東京に生まれる。東京帝国大学法科卒業。農商務省に入り、内閣資源局を経て、1940年(昭和15)企画院次長、1941年石炭統制会理事長に就任。第二次世界大戦後は経済団体連合会(現、日本経済団体連合会)創設に加わり事務局長となるが、公職追放にあう。追放解除後ニッポン放送社長などを歴任し、1956年(昭和31)経済団体連合会副会長、1968年同会長となり(1974年まで在任)、政治献金、日米繊維交渉問題などに活躍した。[浅野俊光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の植村甲午郎の言及

【経済団体連合会】より

…在任期間1948‐56),石坂泰三(元,東芝社長。1957‐68),植村甲午郎(元,石炭統制会理事長。1968‐74),土光敏夫(元,石川島播磨重工業社長。…

※「植村甲午郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

植村甲午郎の関連キーワード戦時統制経済

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android