コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石坂泰三 いしざか たいぞう

美術人名辞典の解説

石坂泰三

実業家。東京生。戦前は第一生命社長を務め、戦後は東芝社長となり経営再建に成功する。また日本生産性本部初代会長・経団連会長に就任し、高度経済成長時代の財界中心人物として活躍した。昭和50年(1975)歿、88才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石坂泰三 いしざか-たいぞう

1886-1975 昭和時代の経営者。
明治19年6月3日生まれ。大正4年逓信省から第一生命保険に転じ,昭和13年社長。戦後の公職追放解除後,24年東京芝浦電気社長となり,人員整理を強行して同社を再建。32年会長。日本生産性本部会長,経団連会長として高度成長期の財界を主導した。昭和50年3月6日死去。88歳。東京出身。東京帝大卒。
【格言など】政治家はウソをつくから大嫌い。財界はこれからも政治と関係しない方がいい

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石坂泰三
いしざかたいぞう

[生]1886.6.3. 埼玉
[没]1975.3.6. 東京
第2次世界大戦後の代表的実業家。父は大審院書記官。 1911年東京帝国大学法学部を卒業後逓信省に勤務したが,15年第一生命保険の創立者矢野恒太に見込まれて,同社入社。生命保険会社の経営の革新に取組み,38年社長となるとともに東京急行電鉄などの役員も兼務。 48年に請われて東京芝浦電機再建のために同社へ入社,翌年社長に就任し (1957~65会長) ,有史以来屈指といわれた労働争議を解決して同社の再建に成功。ほかに企業,団体など多数の要職をつとめた。 56年経済団体連合会 (経団連) 会長に就任,産業の自由主義と経済の国際化促進論で,戦後財界の指導者の一人であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石坂泰三
いしざかたいぞう
(1886―1975)

経営者、財界人。東京出身。1911年(明治44)東京帝国大学独法科卒業。逓信(ていしん)省に入ったのち、第一生命の矢野恒太(つねた)の知遇を得て1915年(大正4)同社に入社。支配人、専務を経て社長(1938~1946)となる。第二次世界大戦後は公職追放解除後、東京芝浦電気(現東芝)に迎えられ1949年(昭和24)社長、1957年会長となり同社再建に手腕を発揮した。1955年日本生産性本部初代会長、1956年経済団体連合会(現日本経済団体連合会)会長に就任(1968年まで在任)し、代表的財界人となり、1960年代の高度成長をリードした。[浅野俊光]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石坂泰三の言及

【経済団体連合会】より

…歴代会長は,石川一郎(元,日産化学社長。在任期間1948‐56),石坂泰三(元,東芝社長。1957‐68),植村甲午郎(元,石炭統制会理事長。…

【東芝[株]】より

… 第2次大戦後,景気低迷が続くなかで,企業再建整備法の適用によってとられた合理化案は,人員整理約6000人を含むものであったため,49年春には大争議が発生した。この収拾に辣腕(らつわん)を振るったのが,後に経団連第2代会長となった石坂泰三であった。同年暮には労働争議もいちおう収まり,復興金融公庫などの資金援助を受け,ようやく経営再建が軌道に乗った。…

※「石坂泰三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石坂泰三の関連キーワードアラビア石油[株]植村 甲午郎植村甲午郎矢野 恒太岩田 弍夫石坂一義6月3日土光敏夫岩田弐夫城山三郎矢野一郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石坂泰三の関連情報