椙山女学園大学(読み)すぎやまじょがくえんだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

椙山女学園大学
すぎやまじょがくえんだいがく

私立の女子大学。 1905年創立の裁縫女学校を母体として,椙山高等女学校を経て,29年に椙山女子専門学校となり,49年に新制の大学として発足。生活科,文学,人間関係の3学部に6学科をおき,入学定員は 907名 (1997) 。 77年に大学院を設置。本部は名古屋市千種区星が丘元町。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すぎやまじょがくえん‐だいがく〔すぎやまヂヨガクヱン‐〕【椙山女学園大学】

名古屋市千種(ちぐさ)区に本部のある私立大学。明治38年(1905)設立の裁縫女学校に始まり、昭和24年(1949)新制大学として発足。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

椙山女学園大学の関連情報