コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠葉西忍 くすば さいにん

4件 の用語解説(楠葉西忍の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠葉西忍 くすば-さいにん

1395-1486 室町時代の貿易商人。
応永2年生まれ。父は天竺(てんじく)(インド)からの渡来人でヒジリという。母は河内(かわち)楠葉の人。興福寺大乗院の経覚のもとで出家。同院所属の商人として遣明(けんみん)船で明(中国)に2度わたった。その渡航体験は尋尊の「唐船日記」に筆録されている。文明18年2月14日死去。92歳。幼名はムスル。俗名は天次。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

楠葉西忍

没年:文明18.2.14(1486.3.19)
生年:応永2(1395)
室町時代の商人。足利義満のときに来日,その扶持を受けた天竺人ヒジリと河内楠葉の娘との間に生まれる。幼名ムスル。俗名天次。足利義持の怒りにあい,父と共に一色氏に預けられる。父の死後許され,家督は弟民部卿入道に譲り,大和国(奈良県)平群郡立野に居住し,大乗院経覚により得度,西忍と名乗る。立野衆と呼ばれる在地武士団として大乗院との関係を結び,坊官として奉公する。永享4(1432)年と享徳2(1453)年の2度,遣明船に乗船。第2回のときには,多武峯,長谷寺共同船の外官に抜擢され,北京まで同行し貿易に当たった。西忍のこの渡航体験を,大乗院尋尊が『唐船日記』として記している。同日記は体験に基づくだけに詳細で日明関係の貴重な史料である。寺院と結んで活躍した貿易商人。<参考文献>田中健夫『中世海外交渉史の研究』

(関周一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くすばさいにん【楠葉西忍】

1395‐1486(応永2‐文明18)
〈くずは〉とも読む。室町期の商人。幼名ムスル,俗名天次。父は3代将軍足利義満のとき来朝し,禅僧絶海中津のとりなしにより義満の扶持を受けた天竺の人ヒジリ,またの名〈唐人倉〉と称する者である。母は河内国楠葉の人。これにより楠葉を称した。4代義持のとき,将軍の意にそわず父とともに一色氏に預けられたが,父の死後許された。家督を弟に譲り,みずからは大和国平群郡立野に住した。興福寺大乗院門跡経覚につき入道し,西忍と名のる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楠葉西忍
くすばさいにん
(1395―1486)

室町期の遣明船(けんみんせん)貿易商。天竺(てんじく)人ヒジリと河内(かわち)国楠葉(大阪府枚方(ひらかた)市)の女との間に生まれる。幼名ムスル。俗名天次。初め天竺を姓としたが、のち楠葉を姓とする。大乗院経覚(だいじょういんきょうかく)によって得度(とくど)し、南都大乗院付属の商人として活動。1432年(永享4)および53年(享徳2)に遣明船に乗り入明。53年の入明時には北京(ペキン)にまで赴き貿易を行った。また西忍は、『大乗院寺社雑事記(ぞうじき)』の著者の一人としても著名な尋尊(じんそん)とも親しかったため、西忍の渡航貿易体験は尋尊によって『大乗院寺社雑事記』に細かく筆録されているが、これは当時の日明貿易を知るうえで重要な史料である。[久保田昌希]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楠葉西忍の関連キーワード北山殿祖阿室町幕府足利尊満足利満詮足利義永義承周高定忠法尊

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone