極夜(読み)キョクヤ

デジタル大辞泉の解説

きょく‐や【極夜】

南北の極圏で、一日中太陽の昇らない状態が続く現象。南極で5月末から、北極では11月末から、それぞれ約1か月半続く。→白夜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょくや【極夜】

極圏において、冬至をはさんで太陽が地平線上に出てこない期間。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

極夜
きょくや

冬季、高緯度地方に出現する日射がないか、きわめて少ない状態をいう。たとえば1月1日、札幌は東京より日出(にっしゅつ)が遅く、日没が早く、夜の時間が長い。緯度が高くなるほど、冬は夜の時間が長くなる。極夜は、北半球では冬至を中心に現れ、南半球では夏至を中心に現れる。[平塚和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

極夜の関連情報