コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シジ

デジタル大辞泉の解説

しじ〔しぢ〕【×榻】

牛車(ぎっしゃ)から牛を外したとき、車の轅(ながえ)軛(くびき)を支え、乗り降りに際しては踏み台とする台。形は机に似て、鷺足(さぎあし)をつけ、黒漆塗りにして金具を施す。

とう〔タフ〕【×榻】

ながいす。また、寝台
「帝みずから―を降(くだ)りて」〈露伴運命

とん【×榻/×墩】

《「とん(榻)」は唐音》陶磁器製で円筒形の中国風腰掛け。多く庭園に置く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しじ【榻】

牛を取りはずした時に牛車ぎつしやの轅ながえの軛くびきを載せたり、また乗り降りの踏み台にした台。 → 牛車
[句項目]

とう【榻】

こしかけ。床几しようぎ。 「学校の-に坐して/即興詩人 鷗外

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【牀】より

…古代中国では倚座の習慣はなく,その上に席などの敷物をしいて平座し,接客や会食を行う平台としても用いられた。同種の家具に榻(とう)がある。唐代末期以降は,倚座が普及するようになり,以来,一般に,牀はベッド,榻は周囲に囲いのついた高い平座用の台状家具をそれぞれ指していう。…

※「榻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

榻の関連キーワード掻き下ろす・搔き下ろす徳寿宮金銅半跏思惟像原語別外来語集こたつ(炬燵)伊原 宇三郎下ろし立つ炬燵・火燵榻の端書き駆る・駈る即興詩人好色文学山口蓬春深草少将佐久命空起請榻・墩こたつ苦しぶ汪輝祖彫鏤

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android