コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信貴山縁起 しぎさんえんぎ

大辞林 第三版の解説

しぎさんえんぎ【信貴山縁起】

絵巻物。三巻。信貴山の再興者命蓮みようれんの奇譚を描いたもの。一二世紀後半の作。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信貴山縁起
しぎさんえんぎ

社寺縁起。奈良県信貴山朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)にまつわる次の三つの説話からなる。信濃(しなの)から出て東大寺で受戒した命蓮(みょうれん)が夢告で信貴山に登り、里にも下らず修行し、鉢を飛ばして供物を得ていたが、供物を怠っていた山崎の長者の米倉までもその飛鉢(とびはち)で信貴山に運んでしまう話。命蓮が醍醐(だいご)天皇の病気を法力をもって剣の護法童子(ごほうどうじ)を遣わして平癒させたという話。尼である命蓮の姉が信濃国から彼を尋ねて東大寺に行き、大仏のお告げで信貴山に至って再会する話。同時代の『古本説話集』や『宇治拾遺物語』に同じ説話があり、『今昔物語集』巻11の36にも、明練(みょうれん)が石櫃(いしびつ)で堂を覆って修行したことがみえる。この物語が、これらの説話に照応する絵解き説教であったことも推察され、文献定着以前の口承段階を考えることが可能である。中世社寺縁起のはしりで、後世の縁起の要素は具備していないが、命蓮が感得した厨子(ずし)仏の福徳をつかさどる毘沙門天(びしゃもんてん)の功徳霊験を語る物語である。飛鉢説話も説話文学や口承文芸に多く登場してくるモチーフである。[渡邊昭五]

絵巻

平安後期の代表的絵巻。筆者不詳。信貴山に毘沙門天を祀(まつ)った命蓮に関する三つの小話を描いたもので、飛倉(山崎長者)の巻、延喜(えんぎ)加持の巻、尼公の巻の3巻よりなる。国宝。奈良県・朝護孫子寺蔵。絵は各段とも一つの図が長く連続し、巻物形式特有の長大な画面を活用した展開に優れた手法をみせる。ことに遠近自在の視点から情景をとらえ、また山水の表現を随所に織り込んで巧みに場面を転換させる構成のすばらしさは特筆されてよい。人物の描写はやや誇張的ともいえる激しい動的な姿態がとられ、顔貌(がんぼう)も『源氏物語絵巻』などの引目鈎鼻(かぎはな)とは対照的な、個性的で表情豊かな表現に特徴がある。描法は墨の暢達(ちょうたつ)な筆線で各対象が描かれ、彩色はときに濃彩が認められるが、概して描線の働きを損なわぬよう留意されている。こうした筆線を主体とする活趣ある画風は、戯画などにかいまみられる筆技の伝統が平安末の変革期を迎えて開花したものとみることができる。[村重 寧]
『奥平英雄編『新修日本絵巻物全集3 信貴山縁起』(1976・角川書店) ▽小松茂美編『日本絵巻大成4 信貴山縁起』(1977・中央公論社) ▽千野香織著『名宝日本の美術11 信貴山縁起絵巻』(1982・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

信貴山縁起の関連キーワード奈良県生駒郡平群町信貴山金剛生駒紀泉国定公園奈良県生駒郡平群町信貴山(寺)大山崎油座平群[町]信貴山寺醍醐天皇飛鉢譚大和絵平群町絵巻物雨具絵本奇譚命蓮覚猷刺子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信貴山縁起の関連情報